19歳未満の方へのナイフの通販はいたしておりません。 ご了承ください  店頭では保護者同伴のみ販売いたします。
 CUSTOM KNIFE、 刀匠 小田 久山   クザン小田  Kuzan Oda  Japanese Sword Master              メール: アドレス:odclub@ngy.3web.ne.jp
                                                           ご注文は Email で ↑
                                                           商品名(価格)、お支払い方法:振込み、代引き、クレジットカード
   その他:ナイフ     OutDoor CLUB: HOME ←「What's New 」         氏名, 年齢(生年月日)、番号, 住所, 電話番号
                                                           をお知らせください。 折り返しご連絡いたします。
                                                           または 電話・FAXで: 052−583−5445
                                                                               (営業時間:午後2時〜7時)
★★★ メールがこちらに届かないことがよくあります。返事がない場合はメールが届いていないと思われます。
        ODクラブのメールアドレス odclub@ngy.3web.ne.jp をお使いのメールシステムに コピー・ペースト して下さい。
         メールの件名に 「ODクラブ」 を入れて下さい。 迷惑メールフォルダーから救済するためです。


  雑誌 ポパイ の創刊号1976年(写真は復刻版) に なんと! R.W. ラブレス の記事が載っていました。 そして、なんと なんと! そのラブレスの下で 働く 小田久山さんが
  写真付きで紹介されています。
   「小田さんは、本来は熱烈なハンターであったのが、病い高じてナイフを作りを始め、結局、客の注文にも応じるようになったという人」 と記述があります。 

 ご本人も 「俺は鉄砲を撃ちにアメリカに行ったんだ」 と言ってますね。 
  ナイフより鉄砲? いや、 鉄砲 から ナイフ、 ナイフ →  鉄、 そして 刀匠 に。  自分の行きたい道に  行けちゃう  のがすごい。

ハンサム?な若いラブレスさん   

     ↑赤いCap帽が久山さん。 工房の左の方がラブレスさん、右が久山さん。 写真の後ろ姿は久山さんとわかります。
               現在75歳?のじいさんでも、姿勢よく、写真の若いころの体つきと太っとい腕は今でも健在です。 

  

  ジャンプ メニュー 

    * 包丁・刀剣
    * クーパー Cooper ” ODA” モデル 

    * フォールディング ナイフ  
←世界で1本? 売れました
    * ハンティング ナイフ  
    * ファイター
                  ←玉鋼ファイターはこちら

 
    
   クレジットカード 安全・簡単 支払い  (¥2000以上よりご利用いただけます。
 ご利用になるには、スマートフォン または PC 必要です。 PayPalの取り扱いもございますが、手数料は6%となります。
    ・ クレジットカード払いと明記して、 ご希望の商品名をメール・FAX・電話でお知らせください。
    ・ 弊社内の手続き手数料が掛かります。
     料金表 ( 2014年7月 〜)

   竜牙         四拾萬円    税込¥432000
   肥後守 木目金  弐拾萬円    税込¥218000
   肥後守 銅     拾弐萬円    税込¥129600
   切出小刀      参萬円      税込¥32400

   6寸 小出刃    拾萬円      税込¥108000
   7寸 合出刃    拾弐萬円    税込¥129600
   8寸 合出刃    拾四萬円    税込¥151200
   6寸 牛刀      拾萬円      税込¥108000
   7寸 牛刀      拾弐萬円    税込¥129600
   8寸 牛刀      拾四萬円    税込¥151200

   7寸 柳刃      拾四萬円    税込¥151200
   8寸 柳刃      拾六万円    税込¥172800
   9寸 柳刃      拾八萬円    税込¥194400
   1尺 柳刃      弐拾萬円    税込¥216000
   1尺 1寸 柳刃  弐拾弐萬円   税込¥237600
   1尺 2寸 柳刃  弐拾四萬円   税込¥259200

   小柄小刀15cm  弐拾萬円    税込¥

★竜牙、肥後守、小柄小刀のご注文では、40%のご予約金(キャンセル料)を
      お願いしております。

   柳刃 大切っ先   迫力あります!
     ・柳刃 7寸 大切っ先   ¥151200 税込     
     ・柳刃 8寸 大切っ先   ¥172800 税込   
     ・柳刃 尺4寸 大切っ先  ¥302400 税込
 
   メールにてお見積もりをご依頼される場合は、
    お名前・ご住所をご記載ください。





   短刀  切刃造  六拾萬円    税込¥648000
        平造    六拾萬円    税込¥648000

         おそらく  七拾萬円    税込¥756000
         菖蒲造  七拾萬円    税込¥756000
         鵜ノ首   七拾萬円    税込¥756000
         冠落    七拾萬円    税込¥756000
         諸刃    八拾萬円    税込¥864000

   小脇差  七拾萬円 以上      税込¥756000〜

   刀     百弐拾萬円 以上    税込¥1296000〜 


 ★上記のご注文では 40%のご予約金(キャンセル料)をお願いしております。


★ 
We are sorry.  We don't export swords.
  - We must apply for the permit, and we are unable to do so due to the shortage of                 manpower.  
   You may look for Japanese swords exporters and ask them to make an order for you.
           
  
 by Kuzan Oda  小田久山 作
                                                                                                              ↑ bottom one in the picture is in stock.

   先丸蛸引き 包丁  1尺1寸  白紙1号 本焼   水牛・黒檀 ハンドル  木鞘もby久山 
               (約1尺1寸半あります)
     Blade length :  1 shaku 1 sun (33.33cm) ++    Steel : Shirogami #1   Buffalo + Ebony handle   Come with wood saya.  

   上の写真の(下)の包丁  税込¥237600  在庫:1
                       





 
       以下 販売済み 作品

 
 
  大切っ先 柳刃 1尺  ¥200000  (税込¥216000)  白紙1号 本焼  水牛・黒檀 ハンドル  Sold 



 

    牛刀 7寸  白紙1号 本焼  水牛・黒檀 ハンドル  ¥120000  木鞘もby久山  Sold 



 
 

   切り出し  白紙1号 全長約19.4cm 刃幅約2cm 刃厚約4mm ¥32400税込 Sold

 


    先丸蛸引き 包丁  1尺1寸  白紙1号 本焼   水牛・黒檀 ハンドル  木鞘もby久山   Sold 
               (約1尺1寸半あります)





 
     ” 俺は鉄と結婚しちまったんだよ。 (奥様)..とは不倫中。 ”    ”俺はナイフを取ったんだよ。 そして 結局 鉄と結婚した。”
   ” 鉄を作るところから刃物を作るんだ。 金属の板をナイフの形に削るだけなんて...  もうやってらんねぇ ”

 ” フルーティってなんだ。 日本酒がフルーティって、 んなわけねぇだろ。 ライシ− だろ。 米なんだからよ。 ” 
                                                                                  - Kuzan

 
 
 新着:  玉鋼 肥後守  (玉鋼92% SK材8%  模様を出すためにSK材を足したそうです。)  Sold   拾参萬円税込




  

   柳刃 1尺  白紙1号 本焼  刃厚約3.5mm  水牛・紫檀 ハンドル  木鞘もby久山  Sold  拾五萬円 







  切り出し  白紙1号   この細さ、バランス 容姿が ’やさしい’    売れました Sold   参萬円 


  拾五萬円
 刀匠 小田 久山 作  柳刃 1尺  白紙1号 本焼  刃厚約3.5mm  水牛・紫檀 ハンドル  木鞘もby久山   売れました。 


 



刀匠 小田 久山 作 柳刃1尺4寸 白紙1号 本焼 刃厚約4.5mm 水牛・紫檀ハンドル 
                                                            売れました。  弐拾壱萬円→拾八萬円 ..

    ”この薄さの 白紙だと 大抵 焼き割れ するんだよ。 結構技術、技がいるんだよォ。 ふつうは青紙を使う。 青紙を油で焼けば 焼き割れはしない。” - Kuzan

          ↑




   牛刀 7寸 白紙1号 本焼 水牛・紫檀 ハンドル   売れました。 八萬円 

  Cooper - ODA  Knife  1977年 

  Cooper-ODA   クーパー小田   ¥   拾八萬円   

 Clif Lenderman (Cooper を買収した人) いわく : 
 Kuzan氏は Bob Loveless で働いた後、1977年にCooperに来て数カ月いました。 Oda氏とLendermanは数種類のナイフをデザインしCooperで作ることに
 なっていました。 Oda氏は15本ほど Oda−Lenderman ナイフを作り、Cooper を離れ コロラドのYancyのもとへ行きました。 ( その後はアラスカへ...)
 このCooper ODAナイフは ラブレスナイフのパーツを使って作ったものすごく珍しいナイフです。 Cooperにいる間、Oda氏は Cooper ODAナイフを2、3本作っています。
 ...ラブレススタイル ハンドルピン、 ラブレススタイル ヒルト、 クーパーマイカルタハンドル、 ...                          
     ↑ ここのところはレンダーマン氏の勘違い。 もう年老いてナイフの整理をしているとか..      80歳〜 (2014/5)


 先日 (2010年秋) クザンさん とお話する機会がありました!! 
  「これ、俺が削ったんじゃないなぁ。 こんな下手な削りしねぇよおれ...」  
    MMmmmmmmm 改めてレンダーマン氏のコメントとメールの内容を読み直しました。 ... たしかに ”このナイフは Oda氏が作った!” と言ってはいない。 
   そう書いてある文がない。 Oda氏が Cooperで作った 2、3本の ”Cooper ODA” モデル の1本が この1本だ!、 と全然言っていない。  

          と言うわけで、残念ながら この1本は Made by Kuzan Oda では なさそうです。 しかし、Kuzan Made ではなくとも、数少ない  ” クーパーOda ” モデルなのです。



   レンダーマン: 息子は Oda からもらったライフルをいまでも大事に持っているよ。 よろしく伝えて下さい。

                                                                             久山さんのナイフの特徴です
                   ↓ ロゴは Cooper Eagle  に ODA (小田)が入ってます。                  ↓ハンドル上後の部分、左右がへこましてある。

                                            ↑ここんとこも久山デザイン        ↑ 分厚いハンドル クーパーマイカルタ

          ↓ 小田ヒルト? (レンダーマン氏はラブレス風と言ってましたが) これは ODA 風。
 

 追記: (2013年4月)   「クーパー・小田 モデルはあったよ!」  「つくったのは ジョディ ・サムソン かなぁ...」  - 小田氏 

 2013/10/12 お店にお寄りいただきました。 現物を見てもらいました。 「悪いけど、これは俺は削ってないなlぁ。」 「これはジョディだよ。」
   ヤンシーんとこに行った時に話があったけな。 レンダーマンから話があって... 

   あげたライフルのことを伝えると、「あ〜、あれは... 2次大戦のボルトアクションのライフルだった。 もうライフリングもだいぶぼろになってたやつで、
     でも、誕生日だっていうから、 よしよし、 じゃあ これを上げよう  ってな感じでな。  ものすごく喜んでいたよ。 」 

   これ、レンダーマンさんから買ったんです。 と伝えると、   「レンダーマンもだいぶ年だろう...」 
 2010/秋 :

  ファスナーズ・和田栄さん (弊社も勿論ナイフからレッドウイング、ハンティングウエアなど長い間取引ありました) の話も含めて、
     ファスナーズ・和田栄さんは ( A&F Country - 赤津氏&藤田氏も )日本の 「ナイフ&ハンティング そして アウトドア "ビジネス"」 のまさに草分け的存在の人なんだなぁとおもいました。
                         ↑ アバクロンビーアンド フィッチ ではありません。  
         アウトドアクラブ(昔) = L.L.Bean +  Knife Shop + Military Surplus  という日本ではかなりユニークな存在でした...   でした、です。

  久山さんは ラブレスで2年、 クーパーに3ヶ月、 そしてコロラドへ 7、8年。 コロラドでHonjo中佐に助けられる(VISA関係で)。
   米軍にナイフの手ほどき。 イェッサーと敬礼されるのが快感だったとか... 

  コロラドへはヤンシー氏の元でのナイフ製作で行ったが、長く続かなかったらしい。 ナイフ作りに関して考え方が合わなかったようです。 
     ...あいつは、Qutiquseーってなんかフランス語のような言葉で...
  そしてアラスカへ 5年間大好きなハンティング三昧。   ファスナーズ和田 栄 氏をハンティングに招待したようです。


  アラスカの前にIdahoに3年。 アイダホでのストーリーは出てきませんでした。 
    アイダホはRuana Knivesに行った時に通りました。 モンタナ-アイダホはもう”野生の世界?”(自然, MotherNatureの中)って感じ、それこそ銃を持たないと食われそうな空気を感じた。
      シアトル-ミズーラ-ポートランド-シアトル だったかなぁ〜  車の一人旅でした。 -tencho
     (モンタナ-アイダホは、人間は食われる存在の「野生動物の世界」であるのに比べて、 オレゴン-ワシントン州の自然は 人間が楽しみ、感動する 美くしくスポーティな自然、と感じました。)


どこの話か忘れましたが..
  「求人広告でPigion狩りをみて駆けつけるが既にいっぱいで断られた。今思えばそれは Passenger Pigion 狩り。 当時は空に向かって打てば落ちてくるほどいた鳩。
   取りすぎて結局絶滅させてしまった。」  - 久

 
 また、すごいお話・情報 : 「アルマー・久山 」 ボウイ なる ボウイナイフ があるらしい。 

   
 パトリック・ウエイン(ジョン・ウエインの息子、The Searcherなど出演) がナイフショウ(ガンショウ?)の 俺のテーブルに来て.. 
   「すばらしい!」 と言ったのに結局買わなかったことにがっくり。  
     あとで聞くとどうやら、「スターは多勢の人の前では買わない」 ということらしい。   

     どういうことだろう。 一人をひいきにしちゃいけない、ということなのだろうか.. 
         あいつのナイフを買って、俺のは買わないのか。 とか?  --tencho勝手な推測

 

 Kuzan Oda   USA カスタム      

   ラブレスの工房で、本人曰く 「目をつぶっても削れる」 くらいナイフを作ったと言う...
  そのレジェンドが作った、多分、世界で唯一現存するフォルダー です。
 多分? いや〜 間違いないでしょう !


 Kuzan Oda Folder     Sold   ¥300000 (税込 ¥324000)
                                                                                                   お別れに いっぱい写真を撮ってしまいました。 

  クザン小田 フォルダー Colorado、USA 中古 砥ぎ跡・キズあり 世界で2本作製。 一本は川の中 紛失、 現存 1本。   多分初めて作ったFolder-推測
                                            ↑ このお話は Kuzanさんが コロラドにいたときに このFolderを作ってもらった人のお話です。
                                               ナイフを受け取った時、KuzanさんはもうFolderはつくらないと、”言っていた” 

   2013/10/12 久山さんが名古屋での用事のついでにお店にお寄りいただきました。 もう一度フォルダーについて尋ねました。今度は「Stu] という名前をだして。
    Stu という人を知りませんか? コロラドのベンツのディーラで久山さんに フォルダーを注文した人ですが...
     「あ〜!!! Stu Litton だろ。」 (ラストネームまで覚えていた...)  「知ってるよ。 メカニックだろう。 ベンツのメカニックだ。 あいつベンツではたらいているのに
       カローラ乗ってやがんだよ。  思い出した。」   「そうだなぁ... 確かにこの一本は世界で一本かも。」  

               
   フォルダーは他にも作ったんですか?  「Folderは十本くらいつくったぞ」 と。 
     そして...  このナイフははっきり覚えてないなぁ〜。 しかし、これだけでかいボルトを使うのは俺 らしい ところだな。        ←覚えがないと言うことは、やはり他の
 おれ ぐらいじゃないかぁ?、この小さいFolderにこれだけでかいボルトを使うのは。 こんなでかいボルト必要ないだろう。         十本のFolderはこのFolderと違うモデル
  ハンドルPinも削ってしまうのも おれがやりかねんところだなぁぁ...  Doveテールのところもおれらしいところだ。             に違いないでしょう。
        しかし、はっきりした記憶はないんだよ。   −2010/秋
                                                            

       全長約17.9cm 刃長約7.5cm  刃厚約4mm  ピボットピン5mm+   ハンドル:ブラック リネンマイカルタ

       35年前のカスタムです。 
                            ↓スラッ とスマート。 しかし けっこうメカメカしいのです。 ハンドルの↓↓Doveテールの部分なんかはいかにも久山さんらしい造りです。

                                                                                                                                        こんなところに ↑↑↑ ’Kuzan’ の銘が入ってます
                                                                                                                                                                ロックバーの裏です。 しゃれてますねェ!

                           ↓↓ ここ 

                  
     ↓ キズと 研ぎ跡

                                                                                                           ↑ 径5mm以上あるピン
                                                               ↓この小さいフォルダーに4mmの鋼材。


             ↓このロックリリース部分のノッチが すごくいい!感じ。                   ↓ これです。 ピンボケ!               ↓ハンドルピンを削ってます。

                                                                           ↑ 角々ハンドル(淵テーパ)









       Kuzan Oda Hunting

 
 Idaho, USA (Jess)ホーン ハンター ?(勝手に命名)   びしっーっと作ってあります。当たり前?!  30年〜前のカスタムです。 ミントコンディション 
        全長約21.3cm 刃長約9.5cm  Sold ...なんだろう、このさびしさは。                 弐拾六萬円 
    SuperDuper!!
 このハンドルは不思議です。 ふつう、ハンドルのウッドがちぢんで、タングが出ることがありますが、 このハンドルは、タングがちぢんでハンドルウッドの淵が丘になっています。
   んなわかないだろう... タングがちぢむった〜。  確かに、んなわけないですね。 そのように作ったのでしょう。 ↓↓↓それにこのハンドルシェープも。 うらら〜! 


  ↑↑Bank - 土手
           いままで入手した クザン USA カスタム よりていねいに作ったって感じ。 下の7mm厚”One of a kind ”ファイター レベルかな?

 この2本は かなり いい! ファイターが つまらなく 見えてくる。 下の バヨファイターは別です。
                                                             ...私のうわごとを信じないでください。自分の目で!            BayoFighterは別格。
                                                                                                         


 Colorado, USA  ラブレス Nessmuk ?  ブラックマイカルタハンドル 全長約19.4cm 刃長約8cm 刃からハンドル、全体の流れがすばらしぃ。 Sold  弐拾八萬円 

  Sold か〜、 売れなきゃ食べていけないけど、 売れるとさびしいと思わせるって....  いい出会いだったってことだなぁ。 本当に、 お目にかかれて、感謝! 次のナイフの主人となる方にも感謝。

  アメリカの 通販ショップでは、 お客さんに対して: 「 ご購入、おめでとうございます! あなたはいいものを買いました。」 と、コメント挨拶する ところが少なくない。 
  日本では めったやたらに 使ってはいけないコメントですが、 Kuzan Oda、USA は まちがいなく、 言えるでしょう。 レジェンドです。 レジェンドが作った一品。 おめでとうございます!

         このナイフのハンドルも マイカルタがバンク(Bank -土手)になっています。 

         ↑  ↑Bank - 土手 はっきりわかりますね。



                                                                             



  小田 久山 Idaho、USA 中古 傷あり        Sold
 Pin入りスタッグ、超超 薄刃。  西洋剃刀(Barber Razor)より薄い。 ひとあじちがいます、 というか、 魅力でしょうか。 完璧な... ことばより、現物を持って、見て、feel it !! ですね。

  なんとか傷が見えるように写しました。 エッジがガタガタになっているように映ってますが、実際はきれいです。 


    Kuzan Oda Fighter
 

   Tamahagane Fighter  ブラックレザーシース  鋼材:玉鋼  アイボリーハンドル  シルバーヒルト と バット 刀剣手入れ道具付き  ¥399000 (¥430000税込)
      約22年前 刀匠修業中 に作成。  







 Alaska, USA クザン バヨ ファイター (BayoFighter)  全長約27cm 刃長約15.5cm  ミントコンディション  Sold    四拾八萬円  
               (↑ この名も勝手に命名。 弊社HPに掲載のナイフの名前で、他で聞いたことない名前はだいたい tencho 勝手に命名 Name です。 正式ではありませn)
                 バヨ ってなんだ? 

    ブレード、ヒルト、ポメル: ダマスカス  ハンドル:アイアンウッド      多分、これにまさる魅力の 久山 USA カスタム は なあい! でしょう。 
                                                                                  ↑スミマセン、興奮して言い過ぎました。
                                                                              人それぞれ好みがあります...
                   ダマスカス鋼  不思議な魅力です。   
 


                 ↓ 裏ロゴ: Kuzan Alaska, USA の裏っ返しロゴ   Kuzan さんらしい、ちゃめっ





クザン 小田  7mm厚  Colorado USA シース 3個付き
  小田さん曰く ”One of a kind”  
 すごい...! と思わず言ってしまう 逸品... でした。 Sold






  Colorado, USA    Sold





 小田ファイター  ため息モノ    Sold