英語版 チラシはこちら → English Flier   下のチラシの英語版です。                      メール:

     ↓↓名古屋ナイフショウのチラシ差し上げます 配りきれずに多数残りました。  アウトドアクラブ: HOME「What's New 」 

 名古屋ナイフショウ 2007                                           HOME


    
おォ、テーブルの前に列が!          ナイフ作家とお話。この1本にかけたストーリーを    中央にお花...誰も振り向きません、
                          聞き出そうではないか。                             無意識に感じてくれれば
                        桜井さんなんかいっぱい聞けそう。ここに苦労したなぁ...とか。

        
長谷川 朋之さんが遊びに来てくれました。海外事情、      試し打ち(切り?)  この重要さも納得。
知識豊富な朋さんに語っていただきました。
武器という    使ってみることの大切さ。 みんな、ナイフを買っても
否定できないナイフの1つの本質...ナイフを持つ者として、  実際そのナイフを使うことはほとんどなかろう。
その扱いに責任を持たなくてはいけない。            じゃあ、今ここにある、誰か他の人のナイフで...
アメリカのナイフショウでは、お父さんと小さい子供が:     今回は島田英承さんが大山猫を提供してくれました。
“いいナイフはあったか?” “これがいい...”
などの会話がある。勿論そこには子供に買い与える親に責任が。

責任から逃げることばかり考えている日本人の間では
見られない光景だ。いや見れる日本にしたい。
  いい話を聞けました。



 
 この方はよっぽどとストレスが溜まっていたのか、それとも余りにも快感だったのか、なかなか叩く(切る)のをやめれませんでした。

 
 ニ部さん登場! 誰をイメージしているのか、大きく振り上げて...  うおぉぉお!!! この食い込み!
  この細いニ部さんでも。 恐るべし大山猫(ナイフの名前)。  ニ部さんもなかなか止めようとしない。 これは快感にまちがいなし。次回もやろう!
 今回は大山猫だけ提供していただきましたけど、自分のナイフに自信のあるナイフ作家さま!ご提供お願いします。また自分(個人)所有のナイフを
 持ってきて試してもいいですよ。  大会(コンペ)を開こうか!

  土曜日、終了後の懇親会。オードブルとノンアルコールビールで乾杯!
                                          2次会では、酒も食事もおいしいおいしいところで...盛り上がったぁ!

    つづきはこちら ↓  写真追加
      参加 ナイフ作家、コレクター、ディーラー:  ←←←←クリックして下さい 


 最後に長谷川 朋さんのコレクションを何点か。 

  

  プロトかな?

タクティカルだけじゃなく、シェフールド系なども持っているんだよねぇ...


               レポート おしまい!       ...ふーッ  ...というほどのレポートじゃないだろー!


  アマチュア参加者:  残念ながら、アマチュアの方の参加はなしです。 MMmm...どうしたら... だめかぁ。
     自分のナイフが売れるとうれしい! 試してみませんか? 集まれー! 参加してくださーあい。
      (出品のナイフは、売っても売らなくても構わないのです。展示だけしてコメントを頂くことも。売っちゃいたくない人も参加ください。)
     聞きたくないアドバイスもあるけれど、なるほどねェと思うことも多い! 参加して何かを得よう!

 他: イベント:  ・ナイフ砥ぎ教室初心編 (講師:ODクラブ店長、30分くらい): 
                 砥ぎ=バリを出して;バリを取ること、カーブの砥ぎ方、タッチアップ(頻繁にやる砥ぎ)など。
                     (15:00頃 4階アウトドアクラブにて)
         
         

Counter    (08/18/07〜)


初めての方へ: 

弊社はアウトドアショップですがナイフ専門店でもあります。

 ナイフ って必要? なんで売られているの?  こんな質問に少しでもお答えできたらと思います...



 ナイフは古来の必需品です。 道具です。工具です。 今でも多方面で活躍しています。 切ることに関しては、人によってははさみよりはるかに便利です。
  釣り、ダイビング、ハンティング、キャンピング、山・畑仕事、そして台所の包丁。 料理好きの奥さまは毎日ナイフを使っています。 欠かせない道具です。

  そして、道具とは、相棒のようなもの、愛着が湧き、大事にされます。  良い道具に限ります。 特に職人が丹精込めて作ったものなどは...

  茶碗も、湯呑も、漆器も 道具です。 しかし、職人が一生懸命に作った道具は美しいものです。 美術工芸品となります。 

  ナイフも同じです。 美しいのです。 ナイフ作家や、量産メーカの中でも、 こだわって、デザインし、気持ちを込めて作ったナイフは美しいのです。
   そして 陶器、磁器、漆器と同様、 コレクションされます。 

  ナイフを集めている人が危ないなどという話は、とんでもないことです。 レベルの高い趣味です。 良いものに出会えば更に欲しくなります。 

    ギターを何十本も持っている人、身近にいませんか。 時計も、バッグも、靴も、 いいものを見たら欲しくなるのです。 
     ナイフもです。 今はナイフに縁がない人も、ライフスタイルが変わり、ナイフを使う機会が出てきたら、あっという間にナイフに親しみを感じるでしょう。
      ナイフとはそういう物です。 そして、必需品になります。 

  ナイフにも最先端の科学が入っています。 切る、切断するということは、常に:もっと良く切れる、もっと切れ味が長続きする、もっと錆びにくい、などということを  
    追い求めています。 常に研究・開発され続けています。 金属・マテリアルの科学、機械工学です。 それにナイフには焼入れという高度な技術も必要なのです。
   しかしそれだけではありません。 持った時のバランス、 使い良いデザイン、そして美的デザイン。 相棒なのですがら、美しくあって欲しいものです。
    美しく、優れた、頼りになる 道具 を めざして職人は一生懸命に考え、作るのです。
     ナイフは大変 奥の深いモノです。


  悲しいことに、犯罪者は 刃物を使ってしまいます。  包丁など一番身近だからでしょうか。 
   しかし、高価な 美しいナイフは犯罪に使われたということはほとんど聞きません。 

    悲しい犯罪が起きるのは犯罪者を生む社会情勢や教育が問題ではないでしょうか。 (家庭の教育? 学校? 社会?) 
      ナイフ自身の存在が悪いのではありません。 ナイフの存在が犯罪者を生んでいるのではないのです。 

  どうぞ、ご理解ください。  

   (西洋では、日本のように、ナイフが置いてあるだけで「怖い」と声を発する人はいません。 女性でもいません。)
   (海外で: ”刃物の国、日本で、なぜナイフは理解されないのですか?日本刀という世界一優れた刃物を生んだ国がなぜ?” と聞かれたことがあります。
     ...それは、日本人は特にMassMedia に左右される国民で、ナイフは常にMedia によって悪者にされるから... がひとつにあげられる と答えました。
        犯罪の背景より、”サバイバルナイフ” が強調されてしまう。 悲しいことです。 視聴者・読者にぞくぞく感を与えたいためでしょうか。)

 ”優れた道具”に美と魂が作りこまれた作品 を、おひとつ いかがですか。 すぐれた職人が作った素晴らしいナイフを手にしたらきっとわかっていただけます。

(以外に”料理好き”の奥さまはナイフを理解してくれる。毎日ナイフを使っているからでしょうか。 いい道具、よいキッチンナイフがほしいところです。)
                                                                    (↑高価な?) 

  むかし、ランドールナイフ トラウト&バードを ”女房にとられた” と 言ってまた買いに来たお客さんがいた。 台所にランドール... mm いいかもしれない。